インフルエンザ流行動向20200214

  • 2020.02.20 Thursday
  • 01:07

遅くなりましたが、2月14日に

令和2年第6週の発生状況が発表されました。

2020 年第 6 週の定点当たり報告数は 9.04に減少し、

兵庫県 大阪府 岡山県 鳥取県 京都府 沖縄県 東京都
令和元年第52週 22.52 17.66 23.44 27.62 19.6 11.17

23.18

令和2年第1週 8.66 11.12 15.24 26.31 13.17 22.84 5.73
令和2年第2週 19.25 18.9 24.01 18.79 16.75 21.59 14.45
令和2年第3週 16.59 18.5 22.61 18.00 16.65 21.03 11.75
令和2年第4週 18.64 21.12 22.64 16.34 16.92 17.90 13.40
令和2年第5週 15.64 16.88 16.86 11.69 12.30 13.48 11.21
令和2年第6週 10.70 11.38 11.21 6.59 9.29 12.67 6.89

 

西宮市 尼崎市 神戸市 大阪市 大阪市西部 姫路市
令和元年第52週 10.29 16.8 21.44 21.11 44.79 41.53
令和2年第1週 1.25 2.4 1.04 24.76 83.14 6.89
令和2年第2週 19.79 33.93 17.19 23.37 38.29 53.89
令和2年第3週 7.21 11.40 14.71 20.76 34.86 25.89
令和2年第4週 11.07 19.40 17.04 19.91 30.43 31.68
令和2年第5週

11.07 

22.33 12.58 15.60 25.29 24.42
令和2年第6週 6.57 16.13 8.63 9.21 11.21 18.16

そして

時系列グラフがこれです。

先週アメリカで流行っていると書きましたが、統計上例年通りの流行だとの記事も見られ極端なことは起こっていないようです。

 

毎日報道されている新型コロナウィルス(covid-19)感染症はインフルエンザと違い、

ワクチンがない

迅速診断キットがない

抗covid-19薬がない

と、ウィルスにたいしてできることが無いため

できる予防は

手洗い咳エチケット

です。インフルエンザと変わりません。

 

長らく インフルエンザ流行動向を数字を集めてみてきましたが インフルエンザ自体はこのまま収束するであろう期待を込めて今回で一旦終わりとします。

またグラフが上むくようなことがあれば、また数字を並べてみます。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM